失業保険 失業手当なら

失業保険給付金額自動計算ソフト&得する失業保険のもらい方マニュアル

失業保険を受給するのに必要な書類

失業保険を受給するために必要な書類は以下の通りです。


・雇用保険被保険者離職票

・雇用保険被保険者証

・住民票もしくは、運転免許証でもOKです

・写真1枚(上半身、縦3センチ×横2.5センチ)

・印鑑


どれかが欠けていると、もう一度書類等を用意してからハローワークに訪問する必要があるので、事前に、きちんと揃っているかを確認しておきましょう。

失業保険の受給手続きの前に(失業の状態とは?)

失業保険の受給手続きの解説に入る前にこちらのページ(失業の状態とは?)でも解説しました通り、失業手当を受給するためには、雇用保険法で言うところの「失業の状態」にあることが必要ですので、ココで改めて確認しておきましょう。


雇用保険法でいうところの失業の状態とは、被保険者が離職し、労働の意思及び能力を有するにもかかわらず、職業に就くことができない状態にあることを言います。


つまり、単に会社を辞めた状態ではまだ足りず、仕事を探しているという意思と実際に仕事に就く能力が必要となってきます。

では、どうすれば、仕事を探している意思と実際に仕事に就く能力があることを示せばいいのでしょうか?


それは、ずばり、ハローワークに対し、求職の申し込みを行うことにより、意思と能力があることを示すことになります。

ということで、失業手当の受給のために、最初に行う手続きは、求職の申し込みということになります。

求職の申し込み

「求職票」というものが、ハローワークに備え付けられています。

これに必要事項を記入して、離職票と一緒に提出します。


求職票には、希望職種や仕事の内容、希望地、希望月収額等を記入するようにして下さい。

スポンサードリンク