失業保険 失業手当なら

失業保険給付金額自動計算ソフト&得する失業保険のもらい方マニュアル

失業保険・失業手当の金額と計算方法

失業保険・失業手当の金額は次の式により求めることが出来ます。


失業手当の日額=賃金日額×給付率


さらに、失業手当の日額に、所定給付日数をかければ、失業期間中に受給できる失業保険の総額を導き出すことが出来ます。


@ 賃金日額とは?


賃金日額というのは、原則、離職の日の直前6ヶ月間に毎月決まって支払われる賃金の1日あたりの額のことを言います。

注意点は、ボーナスや臨時の賃金は、算定の基礎に含まないところです。

ただし、残業手当や通勤手当は含みます。


賃金日額は次の式により求めることが出来ます。


賃金日額=直前6ヶ月間の賃金総額÷180日


A 給付率について


給付率は、年齢や賃金日額により異なってきます。


在職中に高額の給与をもらっていたとしても、一定のところで頭打ちになってしまいます。

また、年齢により上限額や下限額が異なってきます。


詳しくは、下の表を見て頂いた方が早いですね。


60歳未満
賃金日額 給付率
2070円〜4080円未満 80%
4080円〜11820円以下 80%〜50%
11820円超 50%


60歳以上65歳未満
賃金日額 給付率
2070円〜4080円未満 80%
4080円〜10590円以下 80%〜45%
10590円超 45%

失業保険・失業手当の上限額

原則的には、賃金日額を導き出し、その賃金日額に、給付率をかければ、失業保険・失業手当の日額を導き出すことができるのですが、


実は、賃金日額には、年齢により、その額の上限が決められているのです。


ですので、例えば、


28歳の方で月給を100万円もらっていたとしても、賃金日額は12730円で頭打ちしてしまいます。


なので、失業手当の日額についても、自動的に6365円となってしまうのです。


年齢 賃金日額の上限 失業手当の日額の上限
29歳以下 12730円 6365円
30〜44歳 14140円 7070円
45歳〜59歳 15550円 7775円
60歳〜64歳 15060円 6777円



スポンサードリンク