失業保険 失業手当なら

失業保険給付金額自動計算ソフト&得する失業保険のもらい方マニュアル

育児休業職場復帰給付金

育児休業職場復帰給付金とは、育児休業が終了し、職場に復帰した際に支給される給付金のことを言います。


育児休業をしている間に、休業前の給料の30%を補償してくれる「育児休業基本給付金」と併せて育児休業給付と呼んでいます。


育児休業給付金のポイントは、男性が休業を行った際にも、手当がされるところで、これは、健康保険や国民健康保険から支給される出産手当金とは大きく異なるところです。

育児休業職場復帰給付金の支給要件

【その1】


育児休業基本給付金の支給を受けることが出来る被保険者であること。


【その2】


育児休業基本給付金における休業期間中に雇用されていた事業主に、育児休業を終了した後も引き続いて6ヶ月以上雇用されていること。


これは、実際に働いているか、働いていなかったかは問われません。

つまり、雇用されていて、失業保険に引き続き加入していればOKということです。

この辺りは意外と知られていないところだと思います。

要件は、この2つのみです。

育児休業職場復帰給付金の支給金額

育児休業職場復帰給付金の支給額は、簡単に言いますと、1日につき、賃金の10%で、育児休業を取った日数分が支給されます。


詳しい計算式は、以下の通りになります。


育児休業職場復帰給付金の総額=休業前の賃金の10%(休業開始時賃金日額)×育児休業基本給付金の支給日数の合計数

育児休業職場復帰給付金の受給手続き

6ヶ月間継続して雇用された日の翌日から数えて、2ヶ月を経過する日の属する月の月末までに、「育児休業者職場復帰給付金支給申請書」を事業所を管轄する公共職業安定所に提出します。


「6ヶ月間継続して雇用された日」とは、簡単に言いますと、職場復帰をしてから6ヶ月目ということになります。

スポンサードリンク